スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2017年03月29日

女性ホルモンの乱れを治すには?

つまり、女性ホルモンを整える作用を期待できるということです。
体内でエストロゲンと似た作用を持つので、閉経後の女性(=エストロゲン分泌が少なくなった状態)の骨粗鬆症や更年期障害、抗酸化作用を通じて動脈硬化予防などに効果があると言われています。
イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノール(フラボノイド)の一種のことで、「植物由来のエストロゲン」とも言われます。
2003年、厚生労働省研究班が「お味噌汁を一日3杯以上飲むと乳がんの発生率が40%も下がる」というニュースを発表しましたが、これも大豆に含まれるイソフラボンによる効果と考えられています。
食生活のバランスも大切ですが、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンが豊富な大豆を効果的に摂取するのも有効。
運動といっても身構える必要はなく、最初は天気のいい日に1時間くらい散歩をしてみる程度でもよいのです。
週の半ばに1回、週末に1~2回ジョギングをしたり、スポーツジムで水泳などを行うのは効果的と考えられます。
目安としては1週間に少なくとも3回くらい30~60分の有酸素運動をするのがオススメ。
PMS対策として、有酸素運動が効果的と言われています。
とくに月経前は女性ホルモンが一気に少なくなるため、体が変化に対応しきれず「月経前症候群(PMS)」を起こしてしまうことも。
不規則な生活を自覚している場合は、何よりもバランスの取れた食事、規則正しい生活、睡眠を心がけるようにしましょう。
女性ホルモン分泌の仕組みは繊細なので、日常生活をできる限り規則正しく整えることが第一です。
女性ホルモンのバランスが崩れるのは、不規則な生活や睡眠不足、過度なダイエットなど。  


Posted by pami at 10:34Comments(0)

2017年03月25日

老母が娘の家庭に介入するリスクとは?

では、キャリア娘をサポートする母がメンタルリスクを減らすためには、どうしたらいいのでしょう?
とはいえ、先にも述べたように、娘が「私は既に恩返しをしている」と思い込んでいる場合、急に冷たくされる悲劇もあります。
本来は老い始めた頃から、自立したセカンドライフを自分自身で築いていくものですが、娘のサポートに追われて過ごすことで、「いずれは娘が何とかしてくれる」と依存的な気持ちを強くしていく人が少なくありません。
一方で母の側も、「自分の人生を懸けてきたのだから、老後は全面的に娘に頼れる」という甘い期待を抱きやすいものです。
小さな疑問から、夫婦関係の亀裂が生じることも少なくありません。
また、こうして実母に頼り切っている妻、義母が介入してくる家庭を、娘の夫はどう思っているでしょう?
これでは、勉強のために母にすべてを頼り切っていた学生時代と大差はありません。
結婚した娘の家庭に老母が介入することで、「何でも母任せ」の環境になると、娘に「妻や母」としての自覚が育ちにくくなるからです。
さらに、老母が娘の家庭の面倒を見過ぎてしまうことで、母娘それぞれの自立が損なわれるという危機もあります。  


Posted by pami at 09:59Comments(0)

2017年03月23日

メタボリックシンドローム撲滅

結核予防会総合健診推進センターの宮崎滋所長は、データ解析から「高齢者では、体格指数(BMI)よりも腹囲の数値が総脂肪率と相関している」と内臓脂肪を減らすことの重要性を指摘した。
松澤委員長は「特定健診は74歳までが対象のため、後期高齢者はメタボ対策をしなくてよいとの誤解があり、対策の必要性をもっと周知すべきだ」と語った。
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防と克服に取り組む「メタボリックシンドローム撲滅委員会」(委員長・松澤佑次住友病院長)の今年度の本委員会が22日、東京都千代田区で開かれ、75歳以上の後期高齢者のメタボ対策について議論した。

  


Posted by pami at 08:34Comments(0)

2017年03月11日

大腸の精密検査は内視鏡がお勧め!

もちろん、患者さんの症状次第ではあるのですが、総合的に判断し、私は大腸の精密検査には、内視鏡をお勧めしています。
早く終わるだけなく、内視鏡検査はポリープがあった場合、可能なら、その場で切除できますので、入院する必要もほぼありません。
当院では、から大腸の終点に到達するまで多くの患者さんでだいたい5分以内。早ければ1分台で到達することもあります。
また、軽い鎮静剤()を使用すれば、ほとんど苦痛なく検査が受けられ、検査自体も早く終了します。
体内への吸収率も空気の130倍ほど速やかなんです。
しかし、最近では大腸を膨らませるのに炭酸ガスを使用して術後の腹部膨満感のつらさを軽減するという施設も増えています。
苦手にされる人もいます。
内視鏡検査は、それら2つの検査より苦痛を伴い、約2リットルもの下剤を飲まないといけないというデメリットがあります。
さらに被爆という問題があります。
しかし、術前に飲む下剤で腸管内の便がきれいに排出されていないと検査に支障が出る上に、ポリープなどがあった場合の切除は無理です。
大腸のヒダの裏に隠れているポリープの描出も内視鏡より優れています。  
さて、残った3種類の検査ですが、一長一短はあります。注腸検査とCTコロノグラフィーは、内視鏡検査と比較すると“楽”ではあります。
ただ、カプセル内視鏡は、内視鏡検査ですべての観察ができなかった患者さんや、小腸に病変が疑われる場合に行う特殊検査なので、ここではそれ以上は触れません。
から大腸内にバリウムと空気を注入する注腸検査、から炭酸ガスを注入してCTを利用して大腸を全体的に描出するCT コロノグラフィー、口から特殊なカプセルの飲んで腸管内を観察するカプセル内視鏡(多くの場合、保険適応にならない)、から内視鏡をして大腸全体を観察する大腸内視鏡検査の4種類です。
大腸の精密検査は1種類ではありません。

http://www.seaportcsmi.com/  


Posted by pami at 10:37Comments(0)

2016年04月21日

パワースポットしおがま神社

宮城県のパワースポットで有名なのがしおがま神社らしいですね。
他県の私には分かりませんが、しおがま神社のかまの字ですが漢字で書くと
「窯」「釜」「鎌」「竃」のどれでしょうか?
知っている人がいれば教えてほしいです。
しおは「塩」でいいんですよね。
「潮」「汐」じゃないですよね?
ネットで見る限りどの字なのかはっきりしませんね。
それはさておき、しおがま神社は「うまくいく御守」というのがあるらしく、
何でもオールインワンの最強の御守らしいです。
この御守のデザインは馬の蹄です。
この蹄が9個付いています。
こじつけだと思いますが「うま(馬)くいく(9)」ということらしいです?
しおがま神社の主祭神は人間に塩の作り方を教えてくれた神様らしいです。
その神様の御守もあるそうで、釜焼きの製法で作られた神の塩が陶器に入った特性の御守です。
この御守はしおがま神社でしか買えないそうです。
御利益としては、延命長寿です。
延命長寿の御守ですが、塩分の取りすぎで、高血圧にならないようにご注意ください。
トゥモデーフェサヒュ
  


Posted by pami at 19:28Comments(0)